ソーシャルコンシェルジュ

現役の行政書士が、父親を亡くして知ったこと

遺言書の書き方と注意点 預金を相続させるときの文例 

遺言書を書いてみようと思った方に向けて、

具体的な注意点を明らかにします。

 

銀行などのお金(預金)は相続財産の典型です。誰にどのように分けるか決めておかれるとスムーズではないでしょうか。預金を相続させるときの遺言書の書き方です。

 

 

預金を妻に相続させたいときの書き方

 

預金に限らずなんらかの「財産」を相続させたいときは、以下のように、①何を、②誰に(どの相続人に)相続させるか、をはっきり書くのがポイントです。

 

 

預金を妻に相続させたい場合の書き方例

ーーーーーーーーーーーーー
遺言者は、遺言者名義のゆうちょ銀行の下記の貯金債権を、妻◯◯(昭和◯◯年◯月◯日生)に相続させる。

 

      記

通常貯金

記号

番号

ーーーーーーーーーーーーー 

 

このように、どの預金を相続させようとしているのかがはっきりわかるように書きます。上記例でいえば、ゆうちょ銀行の種類、記号、番号などがあれば間違いようがありません。誰がどうみても意図している相続財産を間違えることがないように、このように詳しく特定するのです。

 

 

預金口座はそれだけですか?

 

 

ところで、ひとりの人が作れる預金通帳は、ひとつだけとは限らず、多くの場合2通くらいはもっていますよね。遺言書を作成した後で増えていることも考えられます。他にも通帳がつくられていないか、あらかじめ確認しておくとスムーズです。もし確認ができなかった場合は、念のため他にも口座がないか照会する手続きをします。

 

私の父のケースですが、死後に郵便局の口座がひとつあることがわかり、その解約の手続きをしました。しかし、解約手続をしただけでは他にも口座があるのかないのかまではわかりません。

 

そこで、そのとき窓口で同時に、口座照会の手続きも一緒に依頼して、他にも口座がないかどうかを調べることにしました。結果は、2週間と待たずに郵送で回答が送られてきて、他に口座は存在しないことが明確になりました。