ソーシャルコンシェルジュ

現役の行政書士が、父親を亡くして知ったこと

遺言書の書き方と注意点 不動産を相続させるとき

遺言書を書いてみようと思った方に向けて、

具体的な注意点を明らかにします。

 

 不動産を相続させたいときの書き方

 

なにかしら「財産」を相続させたいときは、以下のように、①何を、②誰に(どの相続人に)相続させるか、を書くのがポイントです。

 

1 土地を妻に相続させたい場合の書き方

ーーーーーーーーーーーーー
遺言者は、遺言者の所有する下記の土地を、妻◯◯(昭和◯◯年◯月◯日生)に相続させる。

 

      記

所在 ◯◯◯◯丁目

地番 ◯◯

地目 宅地

地積 ◯◯平方メートル

ーーーーーーーーーーーーー 

 

上記のように、単に土地を相続させる、というだけではなく、土地の具体的な情報を書くことによって、間違いなく特定できるように表現上の工夫がされています。

 

 

では、土地ではなく、建物を相続させるときはどう書けば良いでしょうか? やはり明確な特定の都合上、建物が特定できるための情報を具体的に書くことになります。

 

2 建物を妻に相続させたい場合の書き方

 

ーーーーーーーーーーーーー
遺言者は、遺言者の所有する下記の建物を、妻◯◯(昭和◯◯年◯月◯日生)に相続させる。

 

      記

所在 ◯◯◯◯丁目

家屋番号 ◯◯番◯◯

種類 居宅

構造 木造瓦葺

床面積 ◯◯平方メートル

附属建物

符号 ◯◯

種類 倉庫

構造 木造

床面積 ◯◯平方メートル

ーーーーーーーーーーーーー 

 

土地や建物の詳細な情報が書かれていますが、これらは登記事項証明書という書類に従って、記載します。

 

登記事項証明書とは、いわゆる登記の証明書の総称です。誰がどうみても意図している相続財産を間違えることがないように、このように詳しく特定するのです。

 

3 建物内の家財道具なども相続させる場合

 

建物を相続させるのはよいけれども、もし建物のなかに高価な家財道具などが格納されていた場合は、それも相続されるのでしょうか?

 

こういう解釈の余地を残してしまうと相続人同士で争いになるかもしれませんので、相続させるならさせると書いておくべきでしょう。

 

ーーーーーーーー

 

遺言者は、前条の不動産の家屋内に存する家財道具その他の動産を、妻◯◯に相続させる。

 

ーーーーーーーー

 

 

あるいは、不動産とは別のものに相続させたり、処分をそのときの遺言執行者に任せたりすることも考えられます。

 

 

その場合は、

「遺言執行者は、前項の家財道具その他の動産を売却、廃棄その他必要な処分を行うことができる。」

と付け加えましょう。 

 

 チェックポイントまとめ

 

「何を」「誰に」相続させるのかがはっきりわかるように書きます

・それらを「特定」できるための情報を正確に書きます