読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルコンシェルジュ

身近な方や親が亡くなったときの手続きの流れを、1時間でざっとわかるようにお伝えします。

親が亡くなったときの手続き 【火葬許可申請をします】(7日以内)

身近な方や親が亡くなったときの手続き

身近な方や、親が亡くなったときの手続きをまとめます。

 

 

葬儀の手配くらいは業者にまかせてしまえますが、

その後の手続きは一般的には親族などの身近なものにしか行えません。

 

主な手続きは期限との関係で、

死亡後の3ヶ月以内に集中します。

 

そこで、

穏やかな看取りのために、届け出や手続きについて、

あらかじめざっと知っておきたいものです。

 

 

■火葬許可申請書、火葬許可証の手続きをします

 

 

実は、火葬は役場から交付される「火葬許可証」がないと、

できない(してはいけない)決まりです。

 

 

そこで、

死亡届を提出するのと同時(つまり7日以内)に、

市区町村役場へ、

火葬許可申請書を提出して火葬許可証をもらいましょう。

 

 

(葬儀社に代行してもらっても構いません。)

 

 

■火葬許可申請書提出は、ある程度段取りを決めてから

 

 

火葬許可申請書には、

火葬の場所と実施日時を書く欄があります。

 

つまり、何月何に日どこで火葬します、

ということを書かなければなりません。

 

よって、この届をする前に、

葬儀屋さんと打ち合わせを済ませておく必要があります。

 

 

 

火葬許可証は火葬場に提出され、

火葬後に火葬の日時が記載されて戻されますが、

これが「火葬証明書」になります。

 

 

■手続きのしかた

 

 

提出先は?

死亡地または本籍地の市区町村役場です。

 

必要なものは?

死亡届が必要です。

あとは申請者の印鑑も要ります。

 

いつまでに?

死亡の事実を知った日から7日以内に申請します。