読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルコンシェルジュ

身近な方や親が亡くなったときの手続きの流れを、1時間でざっとわかるようにお伝えします。

親が亡くなったときの手続き 【死亡診断書・死亡届を出します】(7日以内)

身近な方や親が亡くなったときの手続き

 

 

身近な方や、親が亡くなったときの手続きをまとめます。

 

 

葬儀の手配くらいは業者にまかせてしまえますが、

その後の手続きは一般的には親族などの身近なものにしか行えません。

 

主な手続きは期限との関係で、

死亡後の3ヶ月以内に集中します。

 

そこで、

穏やかな看取りのために、届け出や手続きについて、

あらかじめざっと知っておきたいものです。

 

 

■死亡診断書・死亡届を出します

 

 

亡くなられたら、

まずは医師に死亡診断書を書いてもらう必要があります。

(用紙は病院にあります。)

 

 

死亡診断書とは、

死亡の事実を証明する書類で、

死亡診断書と死亡届はセットの書類です。

 

(ひとつの用紙の左側が死亡届で、右側が死亡診断書になっています。)

 

 

死亡診断書の方は医師が死亡時刻などを記入し、

医師のサインか、押印がしてあります。

 

 

死亡届の方はご家族などの身近な人が記入して、

死亡した事実を知った日から7日以内に役所に原本を提出する決まりです。

 

 

 

■必ずコピーをとりましょう

 

 

この書類は

年金、保険金の請求につかうため、

役所に原本を提出する前にコピーをとっておきましょう。

 

 

提出先は、

市区町村役場の戸籍・住民登録窓口です。

 

では、どこの役所に行けばいいのでしょうか?

 

 

死亡届は、迅速な提出ができるように、

本人の本籍地、死亡地、届出人の住所地の

いずれでも提出できることになっています。

 

 

■ 手続きのしかた

 

 

亡くなられたら、

医師が死亡診断書・死亡届を記入し、

7日以内に役所へ届け出ます。

 

提出先は?

死亡地、死亡者の本籍地、届出人の住所地のどれかの

市区町村役場です。

(葬儀社が届け出を代理してくれます。)

 

必要なものは?

届出人の印鑑が必要です。

 

 

あとは忘れずにコピーをとりましょう。