ソーシャルコンシェルジュ

現役の行政書士が、父親を亡くして知ったこと

戸籍の取り方 親の出生から亡くなるまでの連続した戸籍を自分で郵送で取り寄せる方法 

 

親が亡くなった際に必要となる、

連続した戸籍謄本の取りよせ方を説明します。

(郵送で簡単に取ることができます。)

 

親が亡くなると必要になる書類に、

戸籍謄本があります。

 

手続上、戸籍は必須の書類となります。

 

たとえば配偶者と子供が相続人だとわかってはいても、

それを第三者に証明するためには、

公的な書類である戸籍がいちばん確実だからです。

 

■本籍地の役所で取ることができる

 

戸籍はご本人の本籍地の役所でとることができます。

 

故人の戸籍は家族などが代理でとる必要があります。

 

 

 

ただここで、

「どの戸籍をとればいいか?」

という問題があります。

 

戸籍にも種類があるからです。

 

 

相続手続きに必要なのは、

亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの連続した戸籍謄本

です。 

 

 

「連続」とはどういうことでしょうか。

それは戸籍のしくみを考えるとわかります。

 

 

■そもそも戸籍謄本とは?

  

 

日本人のすべての人が、

戸籍(こせき)という、

名簿のような記録として役所に登録されています。

 

 

戸籍の置いてある場所のことを

本籍(ほんせき)とか本籍地と呼びます。

 

 

戸籍には、名前のほか

生年月日や、親の名前や、

もし結婚していれば夫だとか妻だとかである旨も記載されています。

 

  

 

■「連続した戸籍」とは?

 

では戸籍が「連続」するとはどういう意味でしょうか?

 

 

実は、

戸籍というのはひとりに一枚だけとは限りません。

同じ人について複数の戸籍が存在している場合があります。

 

 

たとえば子供はうまれたとき親の戸籍に加筆されますが、

その子がやがて結婚をすると、

その親の戸籍からは卒業して、

あらたな戸籍がつくられることになります。

 

 

こうしてもともといた親の戸籍からは外れるのです。

このように戸籍から外れる手続きを除籍(じょせき)といい、 

また、あらたにその夫婦のための戸籍がつくられることは、

就籍(しゅうせき)といいます。

 

 

このような作業によって、

その人にまつわる戸籍の履歴が増えることになります。

 

 

さらにたとえば本籍地を変えた場合も、

別の市町村に戸籍がつくられることになります。

 

 

よって本籍地を移転する前の、

元の戸籍からは除籍されるのです。

 

 

 

ちなみに変わる前の元の戸籍のことを

原戸籍(はらこせき)といいます。  

 

戸籍上のこれらの作業は、

パソコンでいうとファイルを「名前を付けて保存」するのに似ていて、

上書きするのではなく内容の違う別の戸籍がつくられていきます。 

 

ゆえに、その人に関する戸籍が3つあるなら3つの流れを見るために、

その人の出生の戸籍までを遡って取り寄せる必要があるのです。

 

 

■私はこうやって親の連続した戸籍を取り寄せました

 

 

ではこのように履歴も含めて

故人に関する戸籍を全部取り寄せるにはどうしたらよいでしょうか?

 

 

 

(私は郵送で取り寄せたので、郵送での申請方法になりますが、

窓口で行う場合でも基本的な考え方と作業は同じはずです。)

 

 

■用意するもの

 

 

用意するもの5点

 

①取り寄せる人(自分)の身分証明書(運転免許など)のコピー

②申請書(故人の本籍地の役所のホームページからダウンロードしてプリントアウトすしておく)

③封筒2枚(送付用と、返信用の封筒が必要なので2枚いります。レターパックだと便利)

④切手(発送用と、返信用です。レターパックなら切手は不要ですね。)

⑤定額小為替(料金を郵送するための券です。郵便局へ行って買います。)

 

 

 

郵送でのやりとりになるので、

封筒に切手を貼るか、あるいはレターパックを使って申請書などを役所宛に送ります。

レターパックのほうが費用はかかりますが、安心感があります。

 

また、現金を送るわけにいかないので、

定額小為替という、チケットみたいなものを買います。

これも郵便局で買えます。窓口で定額小為替を◯◯円分くれ、と頼むと、用紙を渡されますので、住所などの必要事項を記入して、簡単に買うことができます。

 

定額小為替の購入には手数料がかかるので、

実際の送金額よりもすこし割高になりますが、

その代わり手数料を郵送で簡単に送ることができます。

 

 

■定額小為替の手数料は1枚につき100円かかる

 

定額小為替には券種(額面)があります。

(50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、750円、1000円の12種類です。)

 

 

そして券種にかかわらず一枚につき+100円の手数料がかかります。

 

 

(つまり、

500円の小為替を送るのには、

全部で600円かかることになります。)

 

 

■申請書に記入し、必要なものを同封して郵送する

 

 

必要なものがそろったら

あとの手順は簡単で、

 

1 まず申請書を書き、

2 封筒に必要なものを全部入れて役所へ郵送します

 

これだけであとは送られてくるのを待つだけになります。

(何か不備があれば電話してもらえます。

申請書に、電話番号を忘れずに記入しましょう。)

 

 

■申請書の備考欄に忘れずに書くべきこと

 

 

戸籍謄本の申請書に、

ようするに取得したい書類(この場合戸籍謄本)の枚数を書いて、

あとは名前や住所を書きます。

まったく難しくはありません。

 

 

 

ただ、今回のように連続した戸籍を取る場合、

人によって戸籍の具体的な状況は違いますから、

結果的にそれが何枚(何通)になるのかわかりません。

 

そこで申請書の「備考欄」に、

「相続手続きのため、出生から死亡までの戸籍、除籍謄本を各1通」

と書いておきます。

 

(附票も必要ならそれも書きそえておきます。)

こうしておくと、

出生から死亡までの戸籍を揃えて送ってもらえます。

 

 

申請書には申請者の電話番号を書く欄があります。

役所の担当者から確認や質問がくることがよくあるので、

ご自分の電話番号はつながりやすいものを書いておきましょう。

 

 

 

■定額小為替は多めの金額をいれておく

 

 

戸籍謄本の取得手数料は1通450円、

除籍謄本は750円、などとそれぞれ決まっています。

2通なら2通分の手数料がかかります。

 

ただ、全部そろえたときに何通になるかは

取り寄せてみないとわかりません。

 

そこで、あらかじめ料金を多めにいれておきます。

 

遡った場合に何通になるかはわかりませんが、

さしあたっては各1通あれば良いと思い、

4500円もあれば足りるだろうとふんだのです。

 

そこで定額小為替を4500円分同封しました。

(1000円券を4枚と500円券を1枚買うと、

手数料を入れて5千円になります。)

 

 

万が一手数料が少なければ電話で知らせてくれるはずですし、

逆にあまったらおつりを定額小為替で返してもらえますから、

それほどのロスはありません。

 

 

 

■まとめ

 

 

・相続手続きに必要になるのは故人の連続した戸籍謄本等の書類

・故人の本籍地の役所に郵送で請求することができる

・備考欄を駆使して、手数料も多めにいれるなど工夫して取得した

 

用意するもの5点は

①取り寄せる人(自分)の身分証明書(運転免許など)のコピー

②申請書(故人の本籍地の役所のホームページからダウンロードしてプリントアウトすしておく)

③封筒2枚(送付用と、返信用の封筒が必要なので2枚いります。レターパックだと便利)

④切手(発送用と、返信用です。レターパックなら切手は不要ですね。)

⑤定額小為替(料金を郵送するための券です。郵便局へ行って買います。)