読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルコンシェルジュ

身近な方や親が亡くなったときの手続きの流れを、1時間でざっとわかるようにお伝えします。

連続した戸籍とは? 

遺言書の豆知識 相続の豆知識

 

 

 

相続人とは「相続をする人のこと」です。

 

 

誰が相続人なのかは、

配偶者や子供など、

一定のルールが法律で決められています。

 

 

決まってはいますが

誰かが勝手に指名してくれるわけではないので、

実際には自分たちで確認をする必要があります。

 

 

さて身内で確認ができても、

証拠として第三者に示すにはやはり公的な書類が必要です。

  

 

 

■相続の手続きにつかう公的な書類

 

 

 

そこで戸籍謄本がつかわれます。

 

 

一般に相続手続きには、

 

・亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの連続した戸籍謄本と、

・相続人の現在の戸籍謄本

 

が必要だと言われています。

 

 

 

■そもそも戸籍謄本とは?

  

 

日本人のすべての人が、

戸籍(こせき)という、名簿みたいな記録によって、

役所に登録されています。

 

 

戸籍の置いてある場所のことを

本籍(ほんせき)とか本籍地と呼びます。

 

 

 

戸籍は単なる名簿よりは詳しく、

生年月日や、親の名前や、

結婚していれば夫または妻である旨も記載されています。

 

 

実際の文面をみてみると古めかしい書き方がされていて、

慣れていないとすこし読みにくいです。

 

たとえば数字にしても、

 

「昭和52年」

 

 なら 

 

「昭和五拾弐年

 

と、漢字でかかれていたりするわけです。

 

 

 

■「連続した戸籍」とは?

 

 

ところで

亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの連続した戸籍謄本

がつかわれるといいますが、

 

戸籍が連続するとはどういう意味でしょうか?

 

 

 

まず、

戸籍をみると親の名前や生年月日がわかるので、

その人がいつ誰の子供として生まれて・・・

というヒストリーが読み取れます。

 

 

ただ、

ある人の戸籍が常に一枚だけとは限りません。

なぜか。

 

 

 

まず人が結婚すると、

その人の親の戸籍からは卒業してしまいます。

 

 

その戸籍からは外れるのです。

これを、除籍(じょせき)といいます。

 

 

でははずれてどうなるかというと、

あらたにその夫婦の戸籍がつくられます。

これを就籍(しゅうせき)といいます。

 

 

あるいは本籍地を変えた場合も、

別の市町村に戸籍がつくられることになり、

移転する前の、元の戸籍からは除籍されます。

 

 

こうした変更があった際の、

元の戸籍のことを原戸籍(はらこせき)といいます。

 

 

つまり一人の人の戸籍は、

結婚や転籍(本籍地を別の市町村に変えること)や、

その他法改正など様々な理由によって、

新規につくられることがあるのです。

 

 

 

■「名前を付けて保存」みたいなもの

 

 

実はこの、

(就籍、除籍、転籍、改製、再製など)で

新規に戸籍がつくられるというのがポイントです。

 

 

いわばパソコン上のファイルの更新をするとき

「名前を付けて保存」するかのように、

少しずつ内容の違う別の戸籍が存在することになります。

 

だとすれば以前の戸籍には書いてあったことが、

現在の戸籍には書いていない、

ということもあります。

 

そこで、

ファイルの変更履歴をみるみたいに、

その人の出生の戸籍までを遡って取り寄せ、

並べてみる必要があるのです。