読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルコンシェルジュ

身近な方や親が亡くなったときの手続きの流れを、1時間でざっとわかるようにお伝えします。

相続の豆知識 誰が相続人になるの? 相続の順位とは? 配偶者がいない場合は?

相続の豆知識

 

 

 

■そもそも誰が相続人になるの?

 

 

 

相続人(そうぞくにん)とは、相続する(財産などを引き継ぐ)人のことです。

(亡くなられたかたのことではありません。)

 

亡くなられた方のことは、

相続をされる人という意味で、

被相続人(ひそうぞくにん)といいます。

 

 

 

■法律では相続人になれる優先順位がついています

 

 

遺言が特になかったりして、

誰が相続人になったらよいのかわからないと混乱しますので、

民法であらかじめルールが決まっています。

 

 

このルールでは、

配偶者は常に相続人です。

 

 

なのでとにかく配偶者がいる場合は

必ず相続人になるということです。

 

 

では配偶者以外の方はどうかというと、

簡単にいえば「子供」、「親」、「兄弟姉妹」などが候補です。

 

 

ただ、この中の人たちに満遍なく相続されるのではなく、

優先順位がつけられています。

 

 

相続人のパターンによって、

財産を分ける割合にも決まりがあります(単純に山分けではありません)が、

まずは先に誰が相続人になれるのかを確認しましょう。

 

 

本当はもう少し細かいのですが、

いまは基本的なところだけ簡単にいうと

 

 

第一順位

=亡くなった方の子

(子が先に亡くなられていた場合はさらにその子供が相続します。代襲相続といいます。)

 

第二順位

=亡くなった方の父母

(先に父母が亡くなられていた場合は祖父母等)

 

第三順位

=亡くなった方の兄弟姉妹

(兄弟姉妹で亡くなられた方があればその子供)

 

のようになっています。

 

 

つまり、

まずは第一順位の相続人が相続するという決まりであり、

第一順位の人がひとりもいなかったときに備えて、

第二順位以降の相続人が決まっているわけです。

 

 

逆にいえば、

第一順位で相続人が確定したなら、

第二順位以降のことは考えなくてよくなります。

 

 

現実に多いパターンはというと、

やはり「配偶者と子供」が相続する形だと思います。

配偶者は常に相続人であり、子供は第一順位だから真っ先に候補になるからですね。

 

 

配偶者と子供がいる場合はもはや

親や兄弟姉妹は法定相続人候補から外れるのです。

 

 

もし子供がいなければ第二順位、

つまり配偶者と両親が相続しますよ、

という具合に順位が下っていくわけですね。

 

 

 

■では配偶者がいない場合は?

 

 

 

配偶者が常に相続人ということで、

配偶者がいる前提でイメージしてきましたが、

 

 

離婚や死別などで、

もしその時点では配偶者がいなかった場合は

どう考えるのでしょうか?

 

 

この場合も順位で考えればよく、

つまりその被相続人(亡くなられたかた)に子供がいれば、

子供は第一順位ですので、

第一順位である子供がすべて相続します。

 

 

同じシチュエーションで子供がいないかたであれば、

第二順位である親(直系尊属)が相続します。

 

 

このように、相続順位は優先順位ですので、

先順位の相続人がひとりでもいれば、

後順位の方は法定相続人になりません。

 

 

(もちろん、遺言で法定相続人とは異なる方へ相続させることはできます。)