読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルコンシェルジュ

身近な方や親が亡くなったときの手続きの流れを、1時間でざっとわかるようにお伝えします。

シニアライフにまつわる手続きのあれこれと、専門家の選び方をまとめます

はじめに

 

■はじめまして

 

 

新宿で行政書士をしております、竹永です。

(専門は契約書です。)

 

 

■いつかのために今知っておきたいこと

 

 

思うところあって、

高齢化社会のことを研究しはじめました。

まだほんの、足を踏み入れたばかりのところですが、

非常に興味深い世界でした。

 

先入観をとりはらって、

あらためて高齢化社会を考えると、

現在進行形のおおきな課題にたいして、

活発な議論がうずまいています。

 

それは医学であり、法律であり、倫理、社会、哲学、建築、制度、・・・

とにかくたくさんの分野がそれぞれの熱をぶつけあう、

知の交差点のような世界です。

 

それぞれを完璧に深めていくことはできないけれど、

せめて知っていることを一行でも多く

自分のなかにきざんでいきたいと思います。

 

 

わたし自身も、

いつかは最期のときをむかえます。 

普段はあまり考えない話題ですが、

いずれは老化し、なくなっていく。

 

 そんなとき、

そもそもどういうことが起きそうなのか? 

 

や、「もしものとき」は、

 

どんな専門家に相談するとよいのだろうか?

 

 

といったポイントを知っておけば、

自分にとってもきっと役に立つにちがいありません。

 

 

そこで、シニアライフに関連の深い、

さまざまな手続きをざっとまとめておき、

手続きのあらましや最適な専門家の選び方がわかるような

まとめをつくっておきたいと思います。

 

 

自分のためのメモでもありますが、

読まれた方にとって、

なにかひとつでも参考になるところがあれば幸いです。