読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルコンシェルジュ

現役の行政書士が、父親を亡くして知ったこと

連続した戸籍とは? 

相続人とは「相続をする人のこと」です。 誰が相続人なのかは、 配偶者や子供など、 一定のルールが法律で決められています。 決まってはいますが 誰かが勝手に指名してくれるわけではないので、 実際には自分たちで確認をする必要があります。 さて身内で確…

相続の豆知識 遺言執行者は決めておいたほうがいい?

遺言に相続人が納得しない、もめてしまう、 というケースもよくあるようです。 本人の意思により法定相続とは異なる財産の分け方も指定できてしまう遺言は、 たとえそれが相続人の期待や予想とは違った内容だったとしても、 原則として法的効果をもつからで…

遺言書の豆知識 自筆の遺言書はそのままでは使えない

■自筆の遺言書は検認手続きが必要になる 遺言書の作成は公正証書(こうせいしょうしょ)にすることがおすすめなのですが、 当然自分で遺言書を作成することもできます。 「自分で遺言書を作成する」ということは、 たとえば本人が自分で紙に手書き (全文、…

相続の豆知識 遺言書があるかないかでどう違うの? 

■遺言書はあったほうがいい? なくてもいい? 遺言書はつくるべきかどうかですが、 そもそもある場合とない場合とでどう違うのでしょうか? そもそも故人の財産を、 誰がどれくらいの割合で引き継げるかということは、 民法で決まっています。 遺言があると…

相続財産はどこへ消えた? 相続・遺言の2つのポイント

■遺言書は必要なのか? 遺言書とは いったいどういうもので、 なぜ必要なのでしょうか? 形式(自筆とか公正証書とか)にこだわるまえに、 そもそもの目的を確認してみましょう。 ■遺言書は本人の意思表示 亡くなられた方が遺言を残していた場合、 原則とし…