ソーシャルコンシェルジュ

現役の行政書士が、父親を亡くして知ったこと

親が亡くなったときの手続き  【銀行でお金をおろすには?】(相続の方針がきまったら)

身近な方や、親が亡くなったときの手続きをまとめます。

 

 

葬儀の手配くらいは業者にまかせてしまえますが、

その後の手続きは一般的には親族などの身近なものにしか行えません。

 

主な手続きは期限との関係で、

死亡後の3ヶ月以内に集中します。

 

そこで、

穏やかな看取りのために、届け出や手続きについて、

あらかじめざっと知っておきたいものです。

 

 

■亡くなった方の銀行口座は凍結される

 

 

亡くなった直後に、

その方の通帳やカードを預かっている親族がいると、

「急がないと下ろせなくなるから」

といってATMに駆け込んだという話を聞いたことがあるかもしれません。

 

銀行は口座の名義人が死亡すると、

その口座のすべての取引を停止してしまいます。

これが口座の凍結です。

 

凍結されると引き出すことはもちろん、

その口座への入金もできなくなります。

 

もちろん、銀行に死亡が確認されるまでのあいだ、

若干の猶予があります。

(ときには長期間知られないこともあるようですが。)

 

その間に親族などが引き出すことは可能なのですが、

厳密に言えば「相続財産に手をつける」ことになるため、

避けたほうがよいでしょう。

 

 

■どうすれば払い戻せる?

 

じゃあどうするかというと、

必要な書類をもって銀行へ行き、

解約するしかありません。

 

凍結された口座にあるお金は、

相続財産なので、通常の解約と違い、

あくまでも相続の一環として手続きしなければならないのです。

 

 

ということは、相続の方針が決まり、

誰がどのように遺産を相続するかということが

明確になってからでないと事実上は手続きできません。

 

遺言がなければ、

相続人間の遺産分割協議が終わってから、

ということになります。

 

 

通常はその銀行の通帳と印鑑のほかに、

故人の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本、原戸籍謄本、

相続人全員の戸籍謄本、

さらに相続人全員の印鑑証明、

遺言書や遺産分割協議書などが必要となります。